グランド・バンクスについて

グランド・バンクス・ヨットは、1956 年に American Marine, Ltd. としてその航海を開始しました。創業者 Robert J. Newton とその息子は、香港の将軍澳で保税ボートヤードを運営しており、世界のトップクラスの造船技師である Sparkman & Stephens、William Garden、Nat Herreshoff、Ray Hunt らの設計に従って大型帆船や大型モーターヨットを建造していました。


1962 年、彼らは著名な造船技師 Kenneth Smith を招き、Spray 号(全長36フィート(約10.9728 メートル)のディーゼルエンジン搭載クルージングボート)の控えめで優れた船形の設計を委託しました。その翌年、Kenneth Smith の設計に刺激されて、Newton 親子は保税倉庫を出て、グランド・バンクスとして知られることになるトローラー型ヨットの最初のものの製造に没頭します。


今日では、このデザインは世界中でグランド・バンクス・ヘリテージ・シリーズとして知られています。最初は木造のアイコニックなデザインであったものが、1973 年からシンガポールの工場でグラスファイバー製の製造となっています。その時代を超越した船舶スタイルにより、このデザインは他の造船業者に模倣され、多くのブランドから良く似たヨットが発表されることになりました。しかしながら、グランド・バンクスの名声にかなう造船品質のものはありませんでした。

後に、グランド・バンクスは別の伝統低なボート・デザインであるロブスターボートを俊足でスタイリッシュな弊社のイーストベイ・シリーズのモーターヨットに転換し、「ダウンイースト」クルーザーとして現在知られているものの先駆者となったのです。さらに、グランド・バンクスのオーナーの多くが一段と大型で豪華な船舶を受け入れる準備ができた 2001 年に、弊社は高架操舵室付きヨットのアリューシャン・シリーズを発表しました。これは船乗りがグランド・バンクスに期待する耐航性に加え新しい水準のスタイルと洗練された内容を持つものです。


今日、グランド・バンクス・ヨットは、豪華モーターヨットの製造・販売における豊富な経験で知られるグローバルなブランドとなっています。グランド・バンクスはシンガポールに本社を置き、シンガポール証券取引所に上場し、マレーシアに製造拠点を持ち、シアトルに営業所を構えています。その優れた品質と技能で評価を受けており、現在市場で入手可能なヨットの中で最も重要の高いものの一部を建造しています。


グランド・バンクスの詳細については、以下のリンクをクリックして、弊社の英語版会社 Web サイトにアクセスしてください。



y